TOPICS

〈若手育成担当者必見〉経営シミュレーションを通じて養う「経営の自分ごと化」

SEMINAR / 2022.11.07

セミナー詳細

いま若手社員に必要なもの

VUCAの時代において企業は将来予測が困難な状況の中、これまで以上に変化に強く​​​​​​柔軟性の高い組織への変革が求められています。
そのため、重要になってくるのはこれまで通りの人材マネジメントを踏襲するのではなく、将来を先読みし、主体性を持って戦略を実行していける人材を育成していくことです。

さらにこの先も経営環境は変化のスピードを増していくことは想像にたやすく、現リーダー層だけではなく、5年後、10年後にリーダーを担う若手の早期育成は重要な経営課題となっています。

ただ、実際には、​​​毎年多額の予算を投じて新入社員や若手社員の育成に取り組んでいらっしゃるにもかかわらず、弊社のお客様である人事部門のご担当者の皆様や現場マネージャーの方々から以下のような声を聞くことも多いのが現状です。

-上司に言われたことはきちんとやるけれども受け身姿勢の若手社員が多い・・
-お金も労力もかけて育成しているものの、なかなか社員の意識が変わらない・・

いくらスキルや知識をインプットしたとしても、行動を変える(行動開発)ためには「マインドセット」を変えることが重要です。
弊社では、今回ご紹介する経営シミュレーションを用いたワークショップを通じて、受講者に気づきを与え、主体性をもって行動を起こせるようになるための実践的なソリューションをご提供しています。

今回のセミナーでは、その一つとしてスウェーデンのセレミ社が開発した「Apples&Oranges™」という経営シミュレーションを活用したソリューションをご紹介いたします。

このシミュレーションでは、会社経営を疑似体験することで、経営の基本となるアカウンティングリテラシーの獲得だけにとどまらず、会社全体の活動を俯瞰しながらより利益を追求するためにはどうすべきか?という議論を繰り返し体験することで、目先の業務だけにこだわることなく、より一層高い視座で、主体的に自身の業務に取り組むことができるようになります。

今回のセミナーでは、
・シミュレーションによってどのように気づきが生まれるのか、その理論とプロセス
・シミュレーションの体験をどのように自身の業務に結び付け言語化させていくのか
・シミュレーションを取り入れた具体的なソリューション事例

などを詳しくご紹介してまいります。

皆様のご参加をお待ちしております。

講演者

高井 正美
株式会社インヴィニオ 取締役 エデューサー
略歴:
東京大学工学部計数工学科卒業後、三菱重工業入社。
90年、スタンフォード大学航空宇宙工学科博士課程(Ph.D.取得)卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。
日本AT&Tマルチメディア事業部長を経て、95年エシェロン・ジャパンに入社。
代表取締役副社長として知的分散制御ネットワークLONWORKSの日本市場における事業を統括。
2002年株式会社インヴィニオ取締役就任。
大手企業の新規事業開発や研究開発リーダーの育成に従事する傍ら、ベンチャー企業のビジネスプラン構築支援や起業家のメンタリング等にも取り組む。

概要

開催日時
2022年12月7日(水)14:00-15:00
参加費
無料(事前申込制)
対象者
人事部門育成担当者、若手人財育成担当者、事業部人財育成担当者
※弊社競合サービスを取り扱う企業にご在籍のお客さまにつきましては、ご参加をお断りする場合がございますのであらかじめご了承ください。
視聴方法
Zoomによるオンライン配信  ※後日、配信URLをご案内いたします。

お申込みフォーム