TOPICS

脳科学に基づく先進医療が社員のメンタルヘルス対策を抜本的に革新する!

SEMINAR / 2022.06.06

セミナー詳細

長引くコロナ禍に伴うリモートワークの常態化、業務のDX化やAI化への適応など、従業員を取り巻く環境は益々不確実でその変化は加速しつつあり、仕事上の様々なストレスによるメンタルヘルス不調者が今後さらに増加することが懸念されています。

厚生労働省が2020年に実施した「労働安全衛生調査」によると、職場でストレスを感じている従業員の割合は5割を超えており、「メンタルヘルス不調で1カ月以上休業した従業員、または退職した従業員」がいると答えた事業所は既に全体の1割近くに達しています。

メンタルヘルス不調に起因する代表的な疾患としてうつ病が挙げられますが、その治療は様々で、回復までに時間を要する場合も多いことはみなさんもご存知のところではないでしょうか。

しかしながら最近では、脳科学に基づいた世界最先端のうつ病治療法を導入し、目覚ましい成果を上げている医師の方々が現れつつあります。
東京神田のベスリクリニックの田中伸明理事長もそのお一人です。
医療装機器を用いて、治療開始から3か月で職場復帰できるような医療を実現しています。
さらにベスリクリニックでは、うつ病の再発を防止し職場で元気に活躍し続けるための“成長医療”プログラムを提供しています。

本セミナーでは、田中理事長にご登壇頂き世界最先端のうつ病治療法や成長医療の概要についてお話し頂くと共に、メンタルヘルス不調者の発生予防や早期回復に向けて、経営者、管理職、人事部門がどのような心構えや知識を身に着ける必要があるかについてご教示頂きます。

このような問題にお悩みの担当者の方はもちろん、部下を抱える管理職のみなさまや経営者の方々など以下のような方々に非常に役立つ内容になっております。

【こんな方におすすめのセミナーです】
・従業員のメンタルヘルスケア向上に取り組まれている人事部門の方々
・部下のメンタルヘルスケアに悩まれている管理職の方
・健康経営に取り組まれている企業経営者の方
・上記の他、最先端の脳科学によるメンタル疾患医療にご関心のある方

講演者

ファシリテーター:高井正美
株式会社インヴィニオ 取締役 エデューサー
東京大学工学部計数工学科卒業後、三菱重工業入社。
90年、スタンフォード大学航空宇宙工学科博士課程(Ph.D.取得)卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。
日本AT&Tマルチメディア事業部長を経て、95年エシェロン・ジャパンに入社。
代表取締役副社長として知的分散制御ネットワークLONWORKSの日本市場における事業を統括。
2002年株式会社インヴィニオ取締役就任。
大手企業の新規事業開発や研究開発リーダーの育成に従事する傍ら、ベンチャー企業のビジネスプラン構築支援や起業家のメンタリング等にも取り組む。

講演者:​​​​​田中伸明(たなかのぶあき)氏 
ベスリクリニック 理事長
日本神経学会認定医、日本東洋医学学会専門医、医師会産業医
鹿児島大学医学部、北京中医学院、上海中医学院で学ばれ神経内科専門医の資格を取得後、諏訪中央病院で地域医療に従事され、その後厚生労働省にて医療行政に、外資系コンサルティングファームにて医療経営に携わるなど、多彩なご経歴をお持ちの方です。ビジネス領域で活動した医師の社会的責務として、日本を支えるビジネスパーソンのメンタル障害を解決することが重要であるとお考えになり、ベスリクリニックを開設され、医療だけに留まらない包括的なアプローチで、ビジネスパーソンのメンタルヘルス問題の解決に日々取り組んでおられます。

概要

開催日時
2022年6月29日(水)13:30-14:30
参加費
無料(事前申込制)
対象者
事業責任者、経営企画部長、人事部長
※弊社競合サービスを取り扱う企業にご在籍のお客さまにつきましては、ご参加をお断りする場合がございますのであらかじめご了承ください。
視聴方法
Zoomによるオンライン配信  ※後日、配信URLをご案内いたします。

お申込みフォーム