Enterprise™

Stay Ahead In A Changing World

Stay Ahead In A Changing World

CELEMI Enterprise™

変化の激しいマーケットで顧客群をめぐり6社が熾烈な競争を繰り広げます。参加者は顧客のニーズを分析し、マーケティング・営業、サービス・開発、プランニング・実行、財務・管理の各担当として経営の意思決定を行い、マーケットにおいていかに競争力のあるポジションをキープするのか、戦略を立案、実行します。 ムービングターゲットに対して練り上げた戦略を、組織が一丸となって理解し、迅速かつ正確に実行するプロセスを通じて、常に競合の一歩先を歩むために何を考え何をすべきかを学びます。
Enterprise™

変化の激しい環境で一歩先を歩み続けるために

CELEMI Enterprise™

グループを1つの企業と見立て、激動する市場環境の中6社の企業が同一市場で激しい競争を繰り広げます。参加者は、ソリューションプロバイダを経営する疑似体験を通じて、社内外のリソースをいかに効率的に活用し、いかに顧客を惹きつけ、競争力のあるポジションをキープするのか、短期的な利益の創出に努めつつ、長期的な企業価値を高める投資のバランスをどう取っていくのか、実際のビジネスにおいても直面する経営課題を解決することで、より実践的な戦略的思考力を高めます。

Stages 1〜2
企業経営と顧客
Stages 3〜4
戦略・長期的価値
シナリオ
ソリューションプロバイダにおける企業経営の基礎を理解し、顧客の行動様式について理解を深める
ラーニング
ポイント例
  • ・マネジメントアカウンティン
  • ・顧客の行動様式(ニーズ、嗜好)
  • ・顧客セグメンテーション、収益性
  • ・顧客満足度
シナリオ
激しい顧客獲得競争の中、競争力のあるポジションをキープする戦略を実行し、利益の創出と共に長期的企業価値の創造に必要な 要素を考える
ラーニング
ポイント例
  • ・競争戦略、価格戦略
  • ・無形資産(ノウハウ、ブランド)
  • ・業務効率、利益の視点
  • ・リーダーシップとチームワーク
振り返り
シナリオ
自社の組織に振り返り、何が出来て何が出来ていなかったのか議論する
ラーニング
ポイント例
  • ・顧客に対する理解は万全か?
  • ・戦略に沿った組織運営が出来ているだろうか?
  • ・短期・長期の視点を持っているか?

シミュレーションワークショップ設計例

CELEMI Enterprise™

貴社の人材開発・組織開発課題にあわせて、ワークショップを設計します。下記の例では、常に顧客のニーズや嗜好を考慮し、自社にとって正しい顧客を惹きつけ、効率的なオペレーションに気を配り、顧客にとって価値あるソリューションを提供し競争力のあるポジションをキープするソリューションプロバイダーとしての勝利の方程式を体験し、長期的な無形資産の重要性についても理解を深めます。

  • DAY 1
  • DAY 2
  • DAY 3

MODULE 1
Business Simulation

MODULE 2
Discussion

エンタープライズシミュレーション
(12~14時間)ワークショップスタイル

Stage 1 ビジネスの基本要素 Years 0〜1

  • ビジネスを推進する主要な要素
    (ソリューションプロバイダ)
  • マネジメントアカウンティング
    (損益計算書、キャッシュフロー)
  • 事業計画

Stage 2 成長への足がかり Years 2〜4

  • 顧客の行動様式(ニーズ、嗜好)
  • 市場予測
  • 顧客セグメンテーション
  • ポジショニング
    (ブランディング・イメージの創出)
  • 顧客の収益性、製品の収益性
  • 顧客満足度
  • 業績指標(KPI)

Stage 3 戦略の再設定 Year 5

  • 競争戦略
  • 価値戦略
  • 顧客のタイプ
  • 顧客ロイヤリティ
  • 競争力のあるポジショニング
  • 社内外のリソース活用

長期的価値の創造 Years 6〜8

  • 無形資産(顧客基盤、ノウハウ、ブランド)
  • 業務効率、利益の視点、プランB
  • 良いコストと悪いコスト
  • マーケットバリュー(長期的価値)
  • リーダーシップ、チームワーク

振り返りディスカッション
(2~4時間)ワークショップスタイル

振り返りディスカッション

シミュレーションにより学んだ戦略実行・戦略的思考力を応用して、自組織の課題や自分の行動について「今後具体的にどうするのか?」議論する。自社の戦略やマーケティングの現状、自分のミッションについて振り返り、何をどう変えていくのかを考える。

ページの上部へ戻る