組織開発・人材開発のインヴィニオ トップページ

>

セミナー情報

>

タンゴ・シミュレーション 無料体験セッション

タンゴ・シミュレーション 無料体験セッション
~組織マネジメントによって事業の競争優位を創出する戦略思考トレーニング~

※本セミナーは終了いたしました。当日は多数のお客様にご来場賜わりまして、誠にありがとうございました。

■開催詳細

【日程】 3月18日(金) 13:00~18:00
【会場】 インヴィニオ内会議室

■開催趣旨

企業の無形資産は大きく分けると「人材の能力」「組織のノウハウ」「外部からのイメージ」の3つで構成されます。ビジネスシミュレーション「タンゴ」は、この3つを組織マネジメントによって強化し、他社との競争優位を創り、競争を制するシミュレーションです。
参加者は、組織の長となり、人材の能力開発、組織ノウハウの開発に加えて、組織内の人材の相性や顧客との相性なども考慮しながら人材を配置して、無形資産を強化していきます。最終的には財務諸表に結果として現れることで、無形資産の強化がいかに企業の利益創造に貢献するかを実感することができます。

シミュレーションの進め方

グループを1つの企業と見立て、6社の企業が同一市場で激しい競争を繰り広げます。参加者は、企業を経営する疑似体験を通じて、人材の活用や顧客の選定などに頭を悩ませながら、会社の強みの源泉となる無形資産の重要性と、利益あるいはキャッシュフローという財務指標の関係性を理解します。競争環境の中でどのような戦略を選択するかで、強化される無形資産に違いが生じ、企業価値に差が生じることを学びます。

Stage 1 会社経営 Stages 2〜3 競争・
無形資産・価値
シナリオ
自社の現状を認識し、ビジョンや戦略を立案し実行して、利益創出の仕組みを理解する
ラーニング
ポイント例
  • ・無形資産
  • ・ブランド/ノウハウ
  • ・財務指標の捉え方・
    計画と予算
  • ・キャッシュフロー
  • ・プロジェクト
    マネジメント
  • ・KPIの設定
シナリオ
競争状態にある市場の中で組織力を強化し、競争優位に立つ為の打ち手を実行する
ラーニング
ポイント例
  • ・ピープルマネジメント
  • ・人材ポートフォリオと顧客ポートフォリオ
  • ・無形資産の活用
  • ・ブランドの価値を高めるには?
振り返り
シナリオ
自社の組織を振り返り、何が出来て何が出来ていなかったのか議論する
ラーニング
ポイント例
  • ・部門間の協働は出来ていたか?
  • ・コミュニケーションは問題なかったか?
  • ・顧客の選択は?
  • ・社内のタレントマネジメントは出来ているのか?

タンゴを活用したワークショップ事例

貴社の人材開発・組織開発課題にあわせて、ワークショップを設計します。下記の例では、参加者自らが経営ボードの一員となり、約7年間の企業経営を体験します。

  • DAY 1
  • DAY 2

MODULE 1
Business Simulation

MODULE 2
Discussion

タンゴシミュレーション
(12~14時間)ワークショップスタイル

Stage 1 会社経営 Years 1〜3

  • ・ナレッジカンパニーの資本とは?
  • 知識やノウハウと人材
  • 無形資産の増やし方(組織強化の方向性)
  • 投資と効率
  • 財務指標の考え方
  • タレントマネジメントと人材プロファイル

Stage 2 競争 Years 4〜5

  • ・組織力の強化と無形資産
  • マネジャーの仕事とは?
  • 人材ポートフォリオと顧客ポートフォリオのマッチング
  • 社員のリテンション
  • 無形資産とバランスシート

Stage 3 企業の活動と無形資産、付加価値 Years 6〜7

  • ・企業価値の向上
  • 離職率と人材の活用
  • 無形資産の有効活用
  • 優秀な社員の処遇とビジネスモデル
  • 顧客への価値提供とその対価

振り返りディスカッション
(2時間)ワークショップスタイル

振り返りディスカッション

何が正しかったのか?何が間違っていたのか?
シミュレーションに自身の組織を照らし合わせた時、今何をすべきなのか?自身のマネジメントを振り返って、今後すべきこと、考えるべきことを明確にする。

ページの上部へ戻る