組織開発・人材開発のインヴィニオ トップページ

>

セミナー情報

>

グローバル HRD/ODプログラム事例研究会のご案内

グローバル HRD/ODプログラム事例研究会

※本セミナーは終了いたしました。当日は多数のお客様にご来場賜わりまして、誠にありがとうございました。

本社主導の「グローバル」人材開発・組織開発の機会とアプローチ


【開催日時】 2014年7月24日(木)13:30 ~ 17:10 / 受付 13:00~
【開催場所】 東京ステーションコンファレンス 602
【定員】 80名
【参加費】 無料(事前登録制) *定員になり次第、締め切りさせていただきます。
【対象者】 人材開発部門、グローバル人事部門、経営企画部門、事業部企画部門の責任者・企画担当者の皆様
  • *競合となる企業様のご参加につきましては、お断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。
【主催】 株式会社インヴィニオ
【協力】 株式会社ビジネス・フォーラム事務局
【お問合せ】 TEL:03-3518-6531(受付時間 9:30~18:00 ※土・日・祝日を除きます)
FAX:03-3518-6534
【お申込み方法】 下記よりご登録ください。登録後、受講証を送付いたします。なお、申込み多数の場合、抽選とさせていただく場合がございますのでご了承ください。
【開催趣旨】パンフレット(PDF)

事業のグローバル展開が加速する中、それに対応するための組織、人材の開発が急務である事は周知の事実であるかと存じます。しかし「グローバル」という言葉が先走りして、実際どのように手を打っていくのかが明確に定まらない企業も多いのではないでしょうか。

本研究会では、多くの企業が模索を続ける「グローバル」人材開発・組織開発について、弊社がサポートさせて頂いた事例を、その機会とアプローチの方法によって整理し、それぞれの方向性を確認してまいります。
今回は特に、日本のヘッドクオーターとしての取り組みにフォーカスをし、本社のイニシアチブとして行うタレントマネジメントとの関係についても討議してまいりたいと考えております。

様々なグローバル関連の取り組みが一巡した今、それらの経験をもとに新たな方向性を考察し、本社として今やるべきことは何かを参加者の皆様と議論させていただく場となれば幸いです。

「グローバル」人材開発・組織開発の機会とアプローチの例
(クリックすると拡大します)

プログラム

オープニング 13:30~13:40 (10分間)
講演者名

株式会社インヴィニオ
代表取締役 エデューサー 土井 哲

東京大学経済学部卒業後、東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。在職中にM.I.T.(マサチューセッツ工科大学)スローン経営大学院卒業。92年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。主に通信業界、ソフトウェア業界のコンサルティング、情報システム構築のコンサルティングに従事。同社を退社後、95年ベンチャー企業支援のコンサルティング会社の設立に参加。97年7月、インテリジェンスビジネスプロフェッショナルスクール運営会社、株式会社プロアクティア(現株式会社インヴィニオ設立に伴い、代表取締役社長に就任。経営者養成の研修の企画のほか、企業の実際の課題をとりあげた戦略研修などを担当。

SessionⅠプログラム事例 13:40~14:40 (60分間)
講演タイトル 「グローバルリーダー・アクションラーニング?経営視点と戦略思考の強化?」
・日本人スタッフとナショナルスタッフの同時開発:気づきとラーニングポイント
・海外スクールの活用と住み分け:LESSONS LEARNED
・ダイバーシティーと「本気度の高い」アクションラーニング
講演者名 三井化学株式会社
人事部 主席部員 グローバルHRグループリーダー 吉田 存方 氏
SessionⅡ 14:40~15:40 (60分間)
講演タイトル 「海外拠点ハイパフォーマーの招聘研修のこれから」
・ハイパフォーマーを日本に招致する意味合い
・自社理解とエンゲージメント
・地域からみたグローバル戦略
講演者名

株式会社インヴィニオ
プログラムデベロップメント ディレクター 平井 朋宏

イギリスUniversity of Warwick大学院にてSocial and Political Theory(MA)を取得。帰国後、ファッション業界などを経て、イギリスに本社を置くエグゼクティブ向け戦略情報プロバイダーにて日本のリサーチ部門を統括。2003年より(株)インヴィニオにおいて、戦略、組織文化のアラインメントプロジェクトの設計と実施を担当。グローバル展開に伴い、海外パートナーとの共同開発によるツール類、CI(Compertitive Intelligence)を活用した戦略アラインメント、スウェーデンのセレミ社のシミュレーションを活用したシニアリーダー研修など講師としても実績多数。組織文化の調査においてグローバル企業で多くの実績を持つデニソン・モデルの日本展開なども手掛ける。日本のコンペティティブ・インテリジェンス学会理事。

休 憩 15:40~16:00 (20分間)
SessionⅢプログラム事例 16:00~17:00 (60分間)
講演タイトル 「理念・ダイアログ・ワークショップ?ファウンダーズデイを通じたグローバルでの価値観の共有?」 
・戦略における理念の意味合い(本社が主導する意味)
・グローバルで理念と目の前の仕事を結びつける活動
・チャレンジする組織への変革
講演者名 オムロン株式会社
グローバル人財イノベーション部 福田志帆 氏
クロージング 17:00~17:10 (10分間)
ページの上部へ戻る