組織開発・人材開発のインヴィニオ トップページ

>

「パフォーマンス・デベロップメント勉強会」開催のお知らせ

「パフォーマンス・デベロップメント勉強会」開催のお知らせ

開催詳細

【日程】 第一回 2017年 1月17日(火)14:00-17:00
第二回 2017年 2月15日(水)14:00-17:00
第三回 2017年 3月14日(火)14:00-18:00
【会場】 弊社セミナールーム(港区虎ノ門5-11-1オランダヒルズ森タワーRoP1206号室)



【アクセス】
日比谷線神谷町駅 3番出口を出て、正面の横断歩道を渡り、(セブンイレブン側)そのままお進みください。
2つ目のセブンイレブンを通り越していただきますと、バス停(虎ノ門五丁目)がございますので、その前の入り口からお入りください。 オランダヒルズ森タワーはオフィス棟とレジデンス棟(RoP)に分かれており、弊社はレジデンス棟(RoP)の12階にございます。
エレベーターホールに入るには、解錠が必要となりますため、1階エレベーターホール前のインターホンにて1208(本社オフィス)をお呼び出しください。
【参加費用】 4万円(税抜)
※事前御振込とさせていただきます。
お申し込み後、御振込口座をご案内いたしますので、お申し込みから一週間以内に御振込ください。
【参加規模】 15名程度
※先着順とさせていただきます。
※同業他社の方のお申し込みはお断りさせていただきます。
【講師】 中原孝子氏
株式会社インストラクショナルデザイン代表取締役
ATD国際認定資格CPLP (Certified Professional in Learning and Performance)
【申込方法】 http://www.invenio.jp/seminar/performance_development/entry/
または、下記の申し込みボタンよりアクセスしてください。
【お問い合わせ先】 株式会社インヴィニオ:03-5733-4030(担当:溝口、鈴木)まで
お問い合わせください。

≫ お申し込みフォームへ

背景

ここ数年、「パフォーマンス・マネジメント」や「目標管理制度」が形骸化し、年度末の「評価」もそれ自体が目的となってしまったことで、部下の成果や成長に結びついていないことがクローズアップされてきました。中期経営計画も未達で終わることが多く、数値を上から分解して、社員に“押し付ける”マネジメントだけでは限界がある、という認識が急速に広まっています。
そのような中で、売上や利益、財務指標などを「経営のゴール」とするのではなく、社会に対する新たな価値の創造や使命の実現をゴールに掲げる“コンシャスカンパニー”も登場してきています。そのような企業では、自社の「目的=存在意義」を明確に定め、社員に何ができるか、経営理念に則って、自発的に考え、何にコミットするのか自ら設定させることを通じて、期待以上の業績を上げることに成功しています。
どのようにすれば、組織のパフォーマンスを上げることができるのか、パフォーマンス理論を一から学びたい方のために、3回にわたる勉強会を企画しました。
本勉強会では、パフォーマンス理論を基礎から学ぶだけでなく、組織のパフォーマンスを伸ばし、成果を出す上で重要なマネージャーの役割を「パフォーマンス理論」に基づいて再考します。部下の主体的な成果達成と成長を支えるデベロップメントに焦点を当てたパフォーマンス開発の方法を、ケースや実務に即した演習などを通じて習得することを目的としています。

学習項目
第1回
パフォーマンス理論入門

学習項目

  • 1.「パフォーマンス」の定義「パフォーマンス」とは?組織パフォーマンスとマネージャーの役割
  • 2.パフォーマンス・デベロップメントが注目される背景
  • 3.人のパフォーマンスを決定づける主要素① パフォーマンス・システムの構造
    ② パフォーマンス・デベロップメントのポイント
  • 4.パフォーマンス分析の出発点:パフォーマンス課題を見極める視点① 組織システムとして原因を見極める
    ② 「思い込み」施策(インターベンション)選定による無駄をなくすための課題分析の考え方
    ③ パフォーマンス分析のDos , Don’t
    (ケース演習と自己チェック)
第2回
パフォーマンス開発のための処方箋

学習項目

  • 5.パフォーマンス分析のステップと期待成果の定義① 期待されるパフォーマンスとは:行動目標とアウトプット、アウトカムの違い
    ② パフォーマンスプロセスにおける「キー・アウトプット(アウトカム/途中成果物)」の考え方
    参考:チェンジマネジメントのモニタリングとチェンジマネジメント推進チェックリスト
  • 6.パフォーマンス課題の原因と施策の浸透(チェンジマネジメントプロセス)① 原因分析の Dos , Don'ts
    ② 原因と施策(インターベンション)の選択:ミニケーススタディーから原因と想定される
    施策を考える
第3回
パフォーマンス向上の鍵を握る管理職の育成

学習項目

  • 7.パフォーマンス・デベロップメントにおけるマネージャーの重要性
  • 8.管理職をパフォーマンス・イネイブラーに① 成長を促し、パフォーマンスを導くコーチング/フィードバックポイントの明確化
    成果物定義と指標設定の考え方)
    ② 部下のポテンシャル、コンピテンシーの強化ポイントを考慮した
    パフォーマンス目標の設定とコーチングプラン
  • 9.人のパフォーマンスを決定づける主要素① パフォーマンス・システムの構造
    ② パフォーマンス・デベロップメントのポイント

≫ お申し込みフォームへ

ページの上部へ戻る