組織開発・人材開発のインヴィニオ トップページ

>

セミナー情報

>

Industry4.0の潮流で勝つための知恵と実行力

Industry4.0の潮流で勝つための知恵と実行力
~B2B(産業財)マーケティングとテクノロジーマーケティングの融合による事業開発~

※本セミナーは終了いたしました。当日は多数のお客様にご来場賜わりまして、誠にありがとうございました。

■開催詳細

【日程】 2015年 9月10日(木)13:30~17:00 / 受付:13:00~
【会場】 大手町サンケイプラザ 301-302
東京都千代田区大手町1-7-2
【参加費用】 無料(事前登録制)
※定員になり次第、締め切りさせていただきます。
【参加規模】 60名
【参加対象】 製造業、および製造業を顧客とする企業の
経営企画部門、事業開発部門、グローバルマーケティング部門、研究開発部門、新事業開発部門、ソリューションビジネス部門、営業企画部門の部長級以上
※本セミナーは参加対象者を限定させていただいております。対象者以外の方、競合となる企業様のご参加につきましては、お断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
【お申込み方法】 下記ボタンよりご登録ください。登録後、受講証を送付いたします。なお、申込み多数の場合、抽選とさせていただく場合がございますのでご了承ください。
【お問合せ】 TEL:03-3518-6531(受付時間 9:30~18:00 ※土・日・祝日を除きます) FAX:03-3518-6534
【主催】 株式会社インヴィニオ
【協力】 株式会社ビジネス・フォーラム事務局

■開催趣旨

パンフレット(PDF)
昨今毎日のようにメディアで目にする事が多くなったバズワード、“Industry4.0”,“IoT”。日本政府も遅ればせながら成長戦略の骨子案を提示したことは記憶に新しいでしょう。この潮流は一人当たりの生産性を極大化させ、飽くなき利益成長へのビジネスチャンスと脅威の両面があると捉えるのは衆目の一致するところですが、そこには必然と競争の群れが立ちはだかります。では、どうやって競争の群れから抜け出し先頭を走って行けるのでしょうか?唯一無二の正解ではありませんが、それが今回のテーマの「知恵」と「実行力」です。

「知恵」と「実行力」がなぜ必要か?例えば、現場では次のような事実が散見されているからです。マーケティング機能の強化、ソリューション力強化、事業開発の強化として組織という箱を作ったものの、実態は伝統的営業ルーティン業務の延長線で考え方ややり方が従来とさほど変わっていない。

自前の研究開発でモノをしっかり玉成させてから顧客に提案に行く、先ずは日本で事業を立ち上げて海外に展開するという昔ながらの発想、そして様々な調査資料など二次情報を集めてまだ分析中と一歩も外に出ていない。そこで、今回は「知恵」と「実行力」をテーマとして大きく2つのトピックスを提供させて頂きます。一つは、企業と企業の関係にスポットをあてたマーケティングの領域であるBusiness to Business、略してB2Bマーケティング戦略で(以前は産業財マーケティングもしくは生産財マーケティングと称されていた分野)、グローバル企業での研究事例を含めた理論体系のエッセンスをお持ち帰り頂きます。二つ目は、テクノロジーマーケティング戦略ですが、従来のMOT(Management of Technology)では語られていない様々な矛盾を乗り越える本質論、そして講演者の原体験によるB2Bマーケティング戦略とテクノロジーマーケティングを融合した実践的な事業開発のアプローチを提供させて頂きます。

更に、これらの「知恵」と「実行力」をどのように取り入れ成果を創出するか、「パフォーマンスコンサルティング」のアプローチとKSF(成功要因)についても言及します。

顧客との価値共創プロセスに関わる全ての方にとって、日常の仕事では得られない新たな気づきと学び、そして競争の群れから一歩踏み出す勇気を与えられることができれば幸甚です。

B2Bマーケティングとテクノロジーマーケティングの融合による事業開発

プログラム

Industry.4.0の潮流がもたらすB2Bマーケティング戦略のパラダイムシフト
オープニングSessionⅠ 13:30~15:30 (120分間)
講演タイトル B2Bマーケティング戦略による漸進的イノベーションと 革新的イノベーション
サマリー ・産業財マーケティングの体系と構成
・ 実務再現性を高めるための事例研究の要点(GE、フィリップス、等)
・ B2B市場に関する最新の概念(ブランド価値、コモディティ対応、ソーシャルメディア)
講演者名

立教大学
ビジネスデザイン研究科教授、アジア太平洋マーケティング研究所長 笠原 栄一 氏

立教大学大学院ビジネスデザイン研究科教授、アジア太平洋マーケティング研究所(APRIM)所長、博士(Ph.D. in International Studies)、MIM(Master of International Management)、早稲田大学大学院後期博士課程国際関係学専攻(国際経営研究)修了、Thunderbird School of Global Managemen(t 米国)修了、Wharton Schoo(l CPD)修了。現在、研究・教育活動と並行して、一部上場企業をはじめ、国内外のベンチャー、成長中堅企業のクライアントに対して、研究開発、事業開発からマーケティング、販売、財務(IPO、M&A)、企業コミュニケーション(CI、IR)、エグゼキュティブ・トレーニング等に関する機能 横断的な問題解決支援 を行なうコンサルティングを推進中。

休 憩 15:30~15:45 (15分間)
SessionⅡ 15:45~16:45 (60分間)
講演タイトル テクノロジーマーケティング戦略と産業財マーケティングの融合による実践的事業開発
サマリー

・テクノロジーマーケティング戦略、その前の前提
・ マーケットインとプロダクトアウトの両立 ~非線形な思考と行動、アウフヘーベン
・ リードカスタマーとの価値共創で腕を磨く

講演者名

伊藤 修 氏

東京大学工学部卒業,マサチューセッツ工科大学大学院修了(Master of Science),東京大学工学博士。松下電器産業情報通信研究センター・特別開発室長,マッキンゼー・アンド・カンパニー,日本総合研究所技術戦略クラスター・主席研究員を経て,2005 年4月,株式会社エッセンティア(=ラテン語で「本質」)を設立。技術と経営に関わる戦略コンサルティングに加えて,エマージング・ビジネスの開発および(ロングポジション主体の)投資事業をスタート。「言語の脳科学」の研究開発事業にも取り組む。

SessionⅢ 16:45~17:15 (30分間)
講演タイトル パフォーマンスコンサルティング実行支援 ~事例紹介
サマリー

・ パフォーマンスコンサルティングとは
・ プロジェクトコーチングを通じた技術と事業の同時開発
・ リードカスタマーの声で社内力学を打ち破る ~成果事例とKSF

講演者名

株式会社インヴィニオ
パフォーマンス コンサルティング グループ チーフコンサルタント 中村 聡

人材サービス、採用コンサルティング会社を経て2003年よりイノベーション&イニシアチブ(現インヴィニオ)に入社。
製造業を中心にアクションラーニングを通じたターンアラウンド、組織開発、新事業開発プロジェクト、ビジネスR&Dを多数プロデュースする傍ら、研究開発部門の企画担当者のための異業種交流を立上げ、ネットワーキング活動を支援。
2014年より成果指向に転換し、事業開発などのプロジェクトコーチとして実行支援に関わる。

クロージング 17:15~17:20 (5分間)
ページの上部へ戻る