組織開発・人材開発のインヴィニオ トップページ

>

セミナー情報

>

企業理念・ウェイの浸透を通じた組織・リーダーシップ開発

企業理念・ウェイの浸透を通じた組織・リーダーシップ開発
~グローバルにおける多様性の中で実現する組織変革と組織力強化~

※本セミナーは終了いたしました。当日は多数のお客様にご来場賜わりまして、誠にありがとうございました。

■開催詳細

【日程】 2015年 7月14日(火)13:30~17:00 / 受付:13:00~
【会場】 東京ステーションコンファレンス 503
東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー4~6F
【参加費用】 無料(事前登録制)
※定員になり次第、締め切りさせていただきます。
【参加規模】 80名
【参加対象】 人材開発部門、グローバル人事部門、経営企画部門、事業部企画部門の責任者・企画担当者の皆様
※本セミナーは参加対象者を限定させていただいております。対象者以外の方、競合となる企業様のご参加につきましては、お断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
【お申込み方法】 下記ボタンよりご登録ください。登録後、受講証を送付いたします。なお、申込み多数の場合、抽選とさせていただく場合がございますのでご了承ください。

≫ お申し込みフォームへ

【お問合せ】 TEL:03-3518-6531(受付時間 9:30~18:00 ※土・日・祝日を除きます) FAX:03-3518-6534
【主催】 株式会社インヴィニオ
【協力】 株式会社ビジネス・フォーラム事務局

■開催趣旨

パンフレット(PDF)
近年グローバルビジネスにおいて「組織力強化」を重視する企業が多くなっています。しかしその言葉の抽象度から、具体的に何からどのように手を打てば良いのか定まりきらないケースが多いのでは無いでしょうか。

現在、欧米企業も含め様々な企業が自社のウェイや価値観、行動指針を組織にコミュニケーションしていく流れのなか、これらの活動を基点に組織力強化に取り組む事例が増えてきました。組織文化変革のためにウェイを活用する取り組みや、自社の価値観をベースに、具体的な行動を促しキーメンバーのリーダーシップ開発に役立てる取り組み、PMI(Post Merger Integration)の一環として、行動指針を活用して、人材の意識と組織文化を統合する取り組みなど、様々な形で組織力強化へ向けた取り組みが行われています。

ビジネスの前提が大きく変わってきた昨今、日本の企業においても強い組織を作り、企業の中長期成長を支える事が求められています。長い間培われてきた企業の成功パターンであるウェイを基軸にした、組織力強化の活動がハイライトされているのも無理はありません。

今回の研究会では、ウェイという観点から、組織力の強化と組織変革について討議できればと思います。ここではウェイマネジメントを、企業理念を浸透する原点回帰を中心とした活動に留めるのではなく、業績に影響を与える組織文化と、その組織文化に変革するリーダーシップ行動を特定し、組織に展開する活動と位置づけます。いかなる行動を起こす場合においても基準となる組織共通の価値観であるウェイを体現し、組織を自律的にあるべき姿へとドライブするリーダーシップ行動をどのように各地域・各階層に増やして組織力を高めていくのか。「変革」の時代における新たなウェイマネジメントの形を討議したいと思います

さらに今回は、ウェイを基軸にした活動を行う企業様にご協力いただき、グローバルにおける多様性の中で、各地域のリーダーを助けチームパフォーマンスを強化する、自社らしいリーダーシップによる組織変革にも言及します。

企業理念の共感を第一の目的としたウェイマネジメントの取り組みが一巡した今、それらの経験をもとに、組織力の強化を実現するために、今やるべきことは何かを参加者の皆様と議論させていただく場となれば幸いです。

≫ お申し込みフォームへ

新しいウェイマネジメントの適用範囲

プログラム

SessionⅠオープニング13:30~14:00 (30分間)
講演タイトル 企業変革のためのウェイマネジメントとは?
サマリー ・認知(「よく分かった」)と共感(「いいね!」)止まりのウェイマネジメントの現状
・ウェイを行動変容に繋げる:企業文化変革とリーダーシップの役割
・一般論のリーダーシップから、自社らしいリーダーシップへ
講演者名

株式会社インヴィニオ
取締役 エデューサー 高井正美

東京大学工学部計数工学科卒業後、三菱重工業入社。90年、スタンフォード大学航空宇宙工学科博士課程(Ph.D.取得)卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。日本AT&Tマルチメディア事業部長を経て、95年エシェロン・ジャパンに入社。代表取締役副社長として知的分散制御ネットワークLONWORKSの日本市場における事業を統括。2002年株式会社インヴィニオ取締役就任。

SessionⅡ 14:00~14:45 (45分間)
講演タイトル リーダーの行動化を促すラーニングプロセス
サマリー

・自社の価値観をベースとしたリーダーシップ開発
・ラーニングデザインによる行動化へのプロセス
・組織文化変革とリーダーシップ開発の設計

講演者名

株式会社インヴィニオ
Solution Development Unit ディレクター/エデューサー 平井朋宏

イギリスUniversity of Warwick大学院にてSocial and Political Theory(MA)を取得。帰国後、ファンション業界などを経て、イギリスに本社を置くエグゼクティブ向け戦略情報プロバイダーにて日本のリサーチ部門を統括。
2003年より(株)インヴィニオにおいて、戦略、組織文化のアラインメントプロジェクトの設計と実施を担当。グローバル展開に伴い、海外のパートナーとの共同開発によるツール類CI (Competitive Intelligence )を活用した戦略アラインメント、スウェーデンのセレミ社のシミュレーションを活用したシニアリーダー研修など講師としても実績多数。組織文化調査においてグローバル企業で多くの実績を持つデニソン・モデルの日本展開なども手掛ける。

休 憩 14:45~15:00 (15分間)
SessionⅢ 15:00~15:45 (45分間)
講演タイトル 住友化学100年の歴史とリージョン教育
サマリー

・グローバル人事施策が目指すグローバルな適材適所
・社史から学ぶバリューとイノベーション
・住友化学のリージョン教育の課題と今後

講演者名

住友化学株式会社
人材開発部 担当部長 根津寿香氏

上智大学外国語学部英語学科卒。国内電機メーカー海外事業本部にて輸出入業務・海外マーケティング担当。ベンチャーにて機械翻訳ソフト開発に従事。その後、米国データベース・開発環境メーカー日本支社勤務を経て、シリコンバレー本社にて4年間ローカリゼーション・マネージャを務める。2007年より住友化学。国連腐敗防止作業部会メンバー役員の補佐やグローバル人事を担当後、2014年7月より人材開発に従事。

SessionⅣパネルディスカッション 15:45~16:55 (70分間)
講演タイトル ナショナルスタッフのウェイマネジメントの現実と未来
サマリー

・グローバル経営におけるウェイの重要性
・浸透活動の課題と打ち手
・進化を遂げるウェイマネジメント

講演者名
  • パネリスト:
  • 花王株式会社
    コーポレートコミュニケーション部門 花王ウェイ担当 下平博文氏
  • 下平氏略歴:1981年花王石鹸株式会社(現花王株式会社)入社。化粧品等の広告作成担当を経て、2003年発行の社内向け経営史『絶えざる革新』編集担当、2004年発行の企業理念『花王ウェイ』作成担当、以来理念の共有、活用の活動に携わる。2013年より、インヴィニオ社のノウハウをカスタマイズした「花王ウェイダイアログプログラム」を国内外で推進。
  • サントリーホールディングス株式会社
    人材開発本部 キャリア開発部 課長 鈴木美紀子氏
  • 鈴木氏略歴:
    1995年サントリー株式会社入社 東京秘書部
    1997‐2001年 同社 社長秘書
    2001‐2004年 同社 原料部 ワイン原料購買
    2004‐2006年 1年半の産前産後休暇・育児休職取得
    2006‐2012年 サントリーホールディングス株式会社 人事本部人事部
    2012‐2014年 同社 人事本部グローバル人事部
    2015年現在  同社 人材開発本部キャリア開発部課長
  • 住友化学株式会社
    人材開発部 担当部長 根津寿香氏
  • *社名五十音順
  • モデレーター:
  • 株式会社インヴィニオ
    戦略・組織開発アラインメント・グループ 森井市彦
クロージング 16:55~17:00 (5分間)

≫ お申し込みフォームへ

ページの上部へ戻る