組織開発・人材開発のインヴィニオ トップページ

>

著書

>

経理のプロが現場で教える 楽勝!会計入門

Publications

著書

『経理のプロが現場で教える 楽勝!会計入門』

インヴィニオのエデューサー・講師の書籍

ビジネスに必要最低限の知識
『経理のプロが現場で教える 楽勝!会計入門』

著:伊藤 洋
□ ISBN: 4478470790
出版社: ダイヤモンド社
価格: ¥1,500 (税込)

お求めの方はこちら(または全国書店まで)

目次
  • 第1章 ラーメン屋居抜き開業の巻―費用と利益の考え方
  • 第2章 麺を自分で作ってみるの巻―機械と設備にかかるお金
  • 第3章 売れ残りをなくしたいの巻―在庫もまた、カネなり
  • 第4章 自分で店舗を造ってみるの巻―借りたお金の返し方
  • 第5章 祝!開業1カ月の営業成績の巻
  •    ―損益計算とキャッシュフロー計算を比較しよう
  • 第6章 「山本ラーメン店」1年間の決算書の巻
  •    ―バランスシートの基本を覚えよう
  • 第7章 普通の会社の決算書の巻
  •    ―バランスシート(B/S)と損益計算書(P/L)をマスターしよう
著者コメント
  • 『楽勝!会計入門』は、会社に入って数年経ち、自分の担当している仕事に慣れ、自分の部署と他の部署、そして取引先との関係も分かってきた、でも会計的な話になると尻込みしてしまう、そんな若手のビジネスマンに仕事の流れと会計の関係を理解してもらいたいと思って執筆しました。
  • 私は常々、会計を学ぶ際には、実際の事業の動きとその会計上の取扱いをリンクさせて学ぶことが理解の早道であると考えていました。今回の『楽勝!会計入門』では、できるだけ平易に解説したいと考え、身近なストーリーを題材として会計と事業の結びつきを学ぶという趣向にしました。
  • 『人事屋が書いた経理の本』というロングセラーをご存知でしょうか。私は20年以上前に初めてこの本を読みましたが、その分かりやすさに、それまで曇っていた視界がパッと開ける感覚を味わいました。
  • 『楽勝!会計入門』が、現代の『人事屋・・・』として、普段は会計に縁の無い若手ビジネスマンにとって「会計に関する曇った視界をパッと晴らす本」となれば幸いです。そして、ご自分のがんばりを数字でとらえ、さらに貢献するにはどうすればいいかを考える手がかりとなれば非常にうれしく思います。
ページの上部へ戻る