組織開発・人材開発のインヴィニオ トップページ

>

エデューサー / プロデューサー

Why we work at INVENIO?

なぜ私たちはインヴィニオで働くのか

事業会社で効果を上げた変革の手法とインヴィニオが培ってきた手法を融合して多くのお客様に提供したい

畑 俊彰Toshiaki Hata

Producer

2009年からの9年間、日本郵便株式会社において、ビジョン策定、組織風土改革、異業種交流型リーダー育成研修、新規事業開発など様々なプロジェクトをリードしてきました。

「一人ひとりは本当に真面目で、健全な問題意識を持った人達がたくさんいるのに、なぜ『組織』になった瞬間に、こんなにもかみ合わないのだろう。」

それが、私の中に湧いた最初の疑問でした。

そして、9年間、様々な立場や役職の人達との対話を繰り返しながら、それぞれの中にあるモヤモヤ(=想いや情熱の種)と丁寧に向き合い、それらを言語化し、小さな火を起こし、それを変革(ムーブメント)に繋げていくことに取り組んできました。そして、その過程で何度も「人や組織が殻を破る瞬間」「人のパラダイムが変わる瞬間」に何度も立ち会ってきました。

どんな優秀な人材も、一人では変革は起こせません。でも、どんなに大きく歴史ある組織でも、役職や肩書などなくても、たった1人本気で「変えたい」「変わりたい」と思う人がいる限り、必ず変革は起こせる。それが、9年間、大組織で変革のプロセスに携わってきた私の実感です。

今、様々な環境の変化や価値観の多様化に伴い、個人の働き方や組織の在り方の「常識」が大きく変わろうとしています。多くの個人や組織が、様々な「正解のない問い」にぶつかっています。人や組織が抱えている課題はその人、その組織によって様々です。

「このままではいけない」「本気で変わりたい/変えたい」という想いを持った企業様と一緒に、それぞれの個人や組織のありたい姿を共に模索し、抱えている課題に共に向き合い、共に変革をしていくパートナーとして、たくさんの個人や組織の変革に携わっていきたいと思っています。

ページの上部へ戻る