組織開発・人材開発のインヴィニオ トップページ

>

エデューサー / プロデューサー

Why we work at INVENIO?

なぜ私たちはインヴィニオで働くのか

潜在的な力を引き出し、
変革へと導く

土井 哲Satoshi Doi

CEO / Educer

「ずっと教室の後ろで『インヴィニオという会社は我が社に何をしてくれているのか』と考えていたのですが、『Educe』ですね!」とある会社の人事の方に言われたことがきっかけで自分たちの肩書をエデューサーとするようになりました。EduceとEducationは語源が同じで「潜在的なものを引き出す」ということです。

チェンジ(変革)を掲げている弊社ですが、大げさなことをやっているわけではありません。「研修」や「ワークショップ」という「場」を使いながら、人材開発、組織文化変革、事業開発などを実行する会社です。目的はただ一つ、お客様のパフォーマンス(=成果創出能力)を高めることです。

私の場合、エデューサーとして実践していることは、まず第一に、次世代経営幹部と目されている参加者一人一人が、自分の存在意義や使命(Purpose=何のために自分はそこにいるのか)をどのように捉えているのかを確認することです。将来の経営陣候補として、使命感や目的意識に物足りなさを感じたときには、いろいろな問いかけを行って自分の存在意義を再定義してもらいます。

次に私が着目するのは、その人を動機付ける要素です。長くこの仕事をしてきて、確信していることの一つは、人は「動機」のないことにおいては良い成果があげづらいということです。逆に「動機」に合っていることは、やり続けることができます。何をしたい人なのか、何が得意なのかを見極めることが重要で、ポテンシャルを引き出す基本になります。

しかし、エデューサーとしてもう一つ大事なのが、そのポテンシャルをクライアント企業の利益成長につなげていくことです。お客様からはフィーを頂いていますので、その何十倍もお返ししたいという気持ちもありますが、お客様は上場企業である場合がほとんどですので、経営者は株主から高い利益成長を求められています。ですので、少しでもそれに貢献したいと考えています。

具体的な手法は割愛しますが、その人がやりたいこと、やれることと、企業の利益成長を重ね合わせることに、エデューサーとしてのやりがいを感じます。

そして、このような価値観を共有して、リーダー育成プロジェクトを牽引できるメンバーを外部エデューサーとして数多くネットワークしていることも弊社の特長の一つです。

この仕事のさらに面白いのは、次世代幹部候補が考えたことを、周囲の人や現経営陣にぶつける場面にも同席できることで、そのやりとりを通じて、その会社固有の組織文化も見えてきます。

成長のための施策を打ち出したものの、保守的で安定志向の人が多いなあとか、新規事業を打ち出しても、既存事業の基準・規準を適用して、アイディアを潰してしまいがちだな、などその企業固有の文化が見えてきます。

そこで次に必要になるのが組織文化への介入(インターベンション)です。

インヴィニオは、個人のポテンシャルを引き出す効果的な手法、組織文化を変えるための効果的なインターベンションの手法を研究開発する集団であり続けたいと思っています。

ページの上部へ戻る